シェアする

Segwit2xハードフォークの延期とビットコイン・仮想通貨への影響

シェアする

今回は2017年11月8日に発表されたビットコインのSegwit2xハードフォークの延期や背景と、ビットコインや仮想通貨への影響について紹介します。

Segwit2xハードフォーク延期の背景

今回の延期は、11月8日にBitGo社(アメリカを拠点とするブロックチェーンのセキュリティ会社)のCEOからのメールにより発表されました。

内容としては以下のものです。

・そもそもSegwit2xの目的は、ビットコインのアップグレードでしかない
・それに対し、現状では同意を得られていない
・このままSegwit2xを実施しても、ビットコインコミュニティが分裂してビットコインそのものの価値が下がりかねない
・ブロックサイズの増加はいずれ必要になるので、それまではアップグレードを引き続き計画していく

以前の記事でも触れたとおり、Segwit2xについては脆弱性の対策が不十分である、等の理由により、反対する勢力が一定数存在していました。
既にアナウンスされていた各取引所のSegwit2xに対する対応を見ても、温度差ははっきり分かれていたように感じます。

実際、仮にSegwit2xによりビットコインが分裂となると、『真のビットコインはどちらか』という争いになり、結局保有者にとっては価値の毀損につながるという意見がありました。
今回はその辺の影響もおそらく重視されていたと思います。

ちなみに今回は『中止』とはアナウンスされていないので、Segwit2x自体の検討は引き続き進むと思われます。

Segwit2x延期によるビットコインや仮想通貨への影響

ビットコインへの影響

チャートを見る限り、発表直後に大きく値を上げましたがすぐに落ち着いています。
直近は1BTC=$7,000台前半をうろうろしています。

他の仮想通貨・アルトコインへの影響

Segwit2xに関連して取引が盛り上がっていたビットコインキャッシュですが、延期によるトレンドの変化は大きくはなさそうです。

一方で、ビットコイン周りが落ち着いたことでアルトコインへの買い戻しが起こっています。例えば、イーサリアムはSegwit2xの延期後徐々に値を上げてきています。

ここまでのトレンドは、ビットコインの分裂に関連する期待による取引やリスクヘッジによるビットコインキャッシュ等の通貨への取引が中心でした。これらが盛り上がる代わりに、アルトコインの取引は落ち着いていました。

今回一旦はビットコイン、特にSegwit2xに関連するイベントは収束するので、再びアルトコインに資金が戻ることも予想されます。

まとめ

ひとまずSegwit2xが強行されるなどで混乱が発生し資産価値が暴落・・・というシナリオにはならなかったのが良かったです。
一方でビットコインまわりのイベントの落ち着きにより、今までポジティブなイベントがあっても動きの鈍かったアルトコインの取引が再び盛り上がるかもしれません。
そもそも、分裂や付与を材料にしか取引が起こらない、というのはあまり健全なマーケットとはいえません。各通貨の価値がしっかり評価されて取引が行われるような流れに戻っていくとよいのかな、と個人的には思います。