シェアする

日本発!仮想通貨取引所QuoineのICOの特徴・期間・購入方法のまとめ

シェアする

QuoineのICOについて

今回は2017年11月6日より開始が予定されている、日本の仮想通貨企業Quoineが実施するICOについて、特徴やトークンセールの期間、購入方法など紹介します。

Quoineとは

2014年に創業された、仮想通貨に関連する事業を行う企業です。代表の方をはじめ、ボードメンバーには外資金融出身者を中心に錚々たるメンバーが集っている感じです。

事業としては、仮想通貨取引所であるQuoinexの運営と、ICOで発行されたトークンの取引所であるQRYPTOSの運営の2つを行っています。

なぜICOをやるのか

Quoineが今回ICOを行うのは上記の既存事業とはまた別の『LIQUID』というプロジェクトのためのもので、そこで使える通貨として『QASH』というトークンを発行し、今回売り出す、ということのようです。

では、LIQUIDとは何をやるプロジェクトなのでしょうか。ホワイトペーパーの冒頭に以下の記載があります。

Providing liquidity to the non-LIQUID Crypto Economy

QUOINE is launching a single globally-sourced trading platform (World Book) with an associated suite of services (Prime Brokerage) that brings together the entire global network of cryptocurrency exchanges to enable the highest level of liquidity to all markets.

要するに、個人/機関投資家 問わず色々な取引参加者が使いやすいような取引プラットフォームおよび独自のブロックチェーンを作る、ということのようです。

また以下のようなインタビューもありました。

LIQUIDの狙いは、機関投資家が仮想通貨分野に参入してきたときに、それに耐えられる流動性とサービスを提供することだ。「今後、投資銀行やヘッジファンドのような機関投資家が仮想通貨に参入する。そこで求められるのは、現状の仮想通貨取引所では処理できない大きな単位の取引や、資金移動やレバレッジなど機関投資家向けのサービスだ。そこで、複数の仮想通貨取引所を束ねて流動性を提供し、サービスを提供する」(引用元)

なので、まとめると以下が目的、ということです。

・個人や機関投資家含め、幅広く参加できる取引プラットフォームを作る
・特に機関投資家が入ってきても耐えられるようなサービスの構築を目指す
・これにより、仮想通貨取引の流動性を高める

金融庁のお墨付き?

リリース文には以下の記載があります。

今回は金融庁登録事業者が法令に遵守した形で、正式に仮想通貨として販売を行う世界初のICOとなります。(引用元)

ポイントは以下の2点です。

金融庁登録事業者が法令に遵守

現状、日本国内の仮想通貨取引所に通貨を上場させる場合、資金決済法上の仮想通貨に該当することから、その事業者は内閣総理大臣への登録が必要になります。
Quoine社は以前紹介の通り、この登録を済ませています。

正式に仮想通貨として販売

現状、ICOでトークンを販売しただけではその通貨は仮想通貨には当たらず、取引所に上場されるなどで幅広く購入できるようになったら仮想通貨に該当する、というのが日本国内での解釈です。
今回、QASHは売り出し期間が終わったら即国内外の仮想通貨取引所に上場される、と言っているので、それを以て『正式に~』と言っているのでしょう。
ただ、上記のように言っているからと言って『QASHが確実に上場される』と言っているわけではなく、おそらくそれはそれで金融庁の審査の後に正式に決定するのかと思われます。

上記まとめると、少なくとも金融庁のルールには則ってやってます(やる予定です)ということは読み取れます。

ICOで集めた資金を何に使うのか

以下の通り、半分を流動性確保、残りはプロダクトやサービス開発、付属するオペレーション等に充てられるようです。

流動性確保、というとぱっとイメージが湧きませんが、要はQASHを取引所に上場させたりする上での(万が一の際の)資金の確保ということかと思います。既に香港のBitfinexとの提携が行われる予定、とアナウンスされていますし、他の取引所についても同様に上場させていく方針なのかと思います。

ICOの条件

QASHは当初以下の条件で売り出されます。

新規発行仮想通貨名    :QASH(キャッシュ)*2
発行総数         :10億QASH
初回販売価格(1QASHあたり):0.001ETH
最大販売数        :5億QASH(50万ETH)
最小販売数        :0.5億QASH(5万ETH)
販売開始日        :2017年11月6日(月) 1時00分01秒(日本時間)
資金使途         :流動性の提供、新プラットフォーム「LIQUID」の開発、
将来的な銀行免許の取得等

また11月6日から11月9日までは20%ディスカウント、11月9日から11月12日までは10%ディスカウントが行われるようです。

QASHはどこで購入できる?

日本国内からの場合、QUOINEXの口座 から購入できます。

Quoinexに口座を持っていない方はこれを機会に開設するのも良いかもしれません。情報入力等行うだけで、口座開設自体は数分で終わります。

まとめ

QASHを購入する際のメリットとしては以下の点があります。

・幅広い取引参加者へのサービス提供を目指していること(サービスの将来性)
・QUOINEXやQRYPTOSなど、既に動いているプロダクトがあること(サービスの実現性)
・実績のあるチームがサービスづくりを担うこと(サービスの確からしさ)

まだ不明確な部分もありますが、『仮想通貨に流動性が少ない』という課題は確かにそうで、上記の通り誰がどのようにやるか、も担保されているので、期待できる内容なのかなと思いました。

(投資は自己責任でお願いします!)

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします