シェアする

今さら聞けないパブリックチェーン・コンソーシアムチェーン・プライベートチェーンの比較

シェアする

 

今回はブロックチェーンの基本的な知識であるパブリックチェーン・コンソーシアムチェーン・プライベートチェーンの特徴と比較についてです。
ブロックチェーンを使った取り組みは「ブロックチェーンの活用」と括られ、それ以上掘られることが少ないのですが、実はその内容や事例には大きな違いがあります。

ブロックチェーンは1種類ではない

メディアではブロックチェーンと仮想通貨すら今ひとつ区別されない状態で取り上げられることも多いですが、ブロックチェーン自体にも種類があることをご存知ですか?
主には誰がどのように関与するチェーンかという観点で、以下の3つに分かれます。

パブリックチェーン

パブリックチェーンとは

管理者が存在せず、不特定多数のプレーヤー(企業or/and個人)が承認し合って成り立つブロックチェーンのことをパブリックチェーンと呼びます。世間で言われるブロックチェーンはだいたいこれに該当します。

各チェーンはPoWやPoS等の承認アルゴリズムや、アルゴリズムに裏付けられたインセンティブ設計(ビットコインにおけるマイニング等)により、管理者なしの不特定多数による運営を成り立たせています。

仮想通貨のPoWとPoSについて理解しよう(通貨一覧つき)
今回はビットコインや仮想通貨の信用を担保するPoW(Proof of Work プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(Proof of St...

上記からもわかるように、ブロックチェーンの特徴の1つである「非中央集権」を最も体現した仕組みと言えます。ただし非中央集権的であるがゆえ、承認の仕組みやパフォーマンス面、スケーラビリティの課題も相応にあります。

ビットコインキャッシュの暴騰とマイニング・ハッシュレート・ディフィカルティー
今回は2017年11月12日のビットコインキャッシュの暴騰の背景について紹介します。 併せて、ビットコイン含め仮想通貨には欠かせない概念であ...

パブリックチェーンの具体例

ビットコインやイーサリアム、その他多くのブロックチェーン・仮想通貨に関係するプロジェクトがパブリックチェーンに該当します。

今さら聞けない!ビットコインとは?
そもそもビットコインとは何?普通の通貨とは何が違うの?という人も多いかなと思います。この記事ではビットコインについて簡単に説明します。
イーサリアム|スマートコントラクトを特徴とするプラットフォーム
今回はアルトコインの中でも最大の時価総額を誇るイーサリアムについて、特徴、時価総額、レートや購入できる取引所を紹介します。 『スマートコ...

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンとは

コンソーシアム(=共同体)に参加している企業or/and個人のみが参加できるブロックチェーンをコンソーシアムチェーンと呼びます。パブリックチェーンが不特定多数ならば、特定多数が参加するブロックチェーンと言えるでしょう。

パブリックチェーンが管理者不在で成立する仕組みであるのに対し、コンソーシアムチェーンではコンソーシアムが管理者として台帳の管理を行います。管理者が(コンソーシアムという点では分散しているとはいえ)特定されている点、参加者が限られている点で、パブリックチェーンに比べ特に企業にとっては取り組みやすい形式と言えるでしょう。

コンソーシアムチェーンの具体例

hyperledger fabric
Hyperledger Fabric – Hyperledger
A blockchain framework implementation intended as a foundation for developing applications or solutions with a modular architecture.

IBMが提供するオープンソースのブロックチェーンプロジェクトである『hyperledger』を用いて、大小様々なブロックチェーン基盤が作られています。その中でも最も有名なのがhyperledger fabricです。

Introduction — hyperledger-fabricdocs master documentation

While many early blockchain platforms are currently being adapted for enterprise use, Hyperledger Fabric has been designed for enterprise use from the outset. The following sections describe how Hyperledger Fabric (Fabric) differentiates itself from other blockchain platforms and describes some of the motivation for its architectural decisions.

とある通り、要は最初から企業での利用を意図して設計されており、特にKYCやAMLの仕組みのような金融機関等コンプライアンスの厳しい企業にも対応する仕組みが設計されていることが特徴です。

日本でもメガバンクやその他金融機関、大企業を中心に、hyperledger fabricを用いたプロジェクトやその実証実験が立ち上がりつつあります。

2018年秋にブロックチェーンがふくおかフィナンシャルグループの地域ポイントで実稼働 〜アクセンチュアのソリューション、特定技術への密結合を避ける「ブロックチェーン・ハブ」を利用
 複数の事業会社を横断的に結ぶ企業ポイントのソリューションを、ブロックチェーン技術を活用して構築する──このような取り組みが日本国内で立ち上がろうとしている。

プライベートチェーン

プライベートチェーンとは

パブリックチェーンやプライベートチェーンは、特定か不特定かはさておき複数の企業or/and個人が参加する仕組みでした。これに対し、単一の企業や組織内でのみ稼働するブロックチェーンをプライベートチェーンと呼びます。

非中央集権・分散といった、所謂ブロックチェーンの利点からすると真逆の特徴を備えており、管理者は企業や組織内で単一であり中央集権的な仕組みと言えます。中央集権であるがゆえ承認速度やパフォーマンスはパブリックチェーンよりも高性能になることが多く、秘匿性も上がります。企業にとってはより取り組みやすい仕組みと言えるでしょう。ただ、中央集権で非分散的な仕組みという特徴ゆえ通常の台帳システム(旧来からあるデータベース)との差異が出しにくく、その比較でメリットを示せず終わってしまうことも多いように感じます。

プライベートチェーンの具体例

miyabi
「miyabi」次世代のブロックチェーン型データベース - ブロックチェーンはビットフライヤー【bitFlyer(ビットフライヤー)】
世界最速・秒間 2,000 件のトランザクションを実現、独自のコンセンサスアルゴリズム、堅牢かつ高速なスマートコントラクト実行エンジンにより究極の性能を備えた bitFlyer のオリジナル・ブロックチェーン「miyabi」が歴史の新たな一歩を踏出しました。

ビットフライヤーが提供するブロックチェーン型データベースです。堅牢でありながら処理速度等のパフォーマンスも優れている、というのがウリのようです。

ビットフライヤーというと取引所のイメージが強いですが、miyabiの導入拡大を進めるとともに導入事例も出てきています。

bitFlyer社、独自ブロックチェーン「miyabi」提供を事業の柱に 〜ブロックチェーン開発部および事業戦略部に聞くmiyabiによるブロックチェーン活用事例
 2014年設立の株式会社bitFlyerは、現在、事業としてブロックチェーンの研究開発に力を入れており、独自のブロックチェーン「miyabi」という製品を出している。
coin(MUFGコイン)

メガバンク発の取り組みとして話題になっているcoin(MUFGコイン)も、事実上プライベートブロックチェーンの取り組みと言えます。

「MUFGコイン」今年後半に実用化へ 三毛社長が語る:朝日新聞デジタル
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、デジタル通貨「coin(コイン)(MUFGコイン)」を今年後半に実用化する方針を決めた。IT企業によるスマートフォン決済が広がるなか、「ブロックチェ…

2019年後半には実用化されるということですが、coinはステーブルコインとしての性質も備えており、どのように利用が拡大するか注目です。

安定した仮想通貨?ステーブルコイン(Stable Coin)とは
今回は最近仮想通貨界隈で注目を浴びているステーブルコイン(Stable Coin)について紹介します。 仮想通貨は値動きが大きいため、決済などの実用性に乏しいと言われてきました。ステーブルコイン(Stable Coin)はその課題を解決する存在として注目されています。

パブリックチェーン・コンソーシアムチェーン・プライベートチェーンの比較

まとめると以下のようになります。

パブリックチェーン:オープンだが管理しにくい、パフォーマンスが不安定

コンソーシアムチェーン:参加者限定で企業が取り組みやすい

プライベートチェーン:秘匿性・安定性は高いがブロックチェーン本来のメリットは少ない

特に日本においては、KYC等の問題もあり大手企業が正面からパブリックチェーンを活用するのはハードルが高いです。プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンをうまく使いながら、旧来のデータベースでは実現できないメリットを如何に出していくかが今後の軸になりそうです。

まとめ

いかがでしたか?
ブロックチェーンと一括りにせず、パターンや特徴を押さえることでより実用に適した手段選びが進むと良いかなと思います。

 

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします