シェアする

仮想通貨のPoWとPoSについて理解しよう(通貨一覧つき)

シェアする

今回はビットコインや仮想通貨の信用を担保するPoW(Proof of Work プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(Proof of Stake プルーフ・オブ・ステーク)について紹介します。
仮想通貨は『非中央集権』が基本なので、法定通貨のように政府や企業は信用を担保しません。ではどのようにしているのでしょうか。

ビットコインや仮想通貨の信用を誰が裏付けるのか

法定通貨(円や米ドル、ユーロなど)は基本的に国家が発行しています。お金の信用力は国家が担保しています。なぜ1万円札で買い物ができるかというと、1万円札にそういう価値があるということを日本国が保証しているからです。
逆に言うと、100円玉だろうが1万円札だろうが1ペニーだろうが、国家の裏付けなしにはただの金属、紙くずです。キャッシュレス社会ということで注目を集めている中国ですが、反対に現金への信用は極度に低いと言われています。中国に行った知人から「お店で現金を出したら怪しまれて裏に連れて行かれた」なんて話を聞いたことがありますが、国家による信用の裏付けが破綻しているともいえます。

ビットコインや多くの仮想通貨には国家の裏付けはありません。『非中央集権』と言われる通り、国家や企業、特定の個人がその通貨の信用や価値を裏付けるのではなく、コンセンサスアルゴリズムと呼ばれる仕組みが価値を裏付ける、というのが最大の特徴です。

その仕組には大きく分けて2種類あります。PoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)です。

PoW(Proof of Work プルーフ・オブ・ワーク)とは

直訳すると「仕事量による証明」です。取引の承認にかけた労力が大きい者が通貨の信用を保証する、という感じでしょうか。

以前もビットコインのディフィカルティやハッシュレートの記事で紹介しましたが、PoWにおいては新たなブロックを生成する(=取引を承認する)ためには多大な労力が必要です。具体には、ブロックの生成を提案するノードはディフィカルティを満たすようなハッシュ値が出てくるまで、生成しようとしているブロックからハッシュ値を計算し続けます。

なのでハッシュ値の発見までにかかる時間が短ければ短いほど、つまりコンピューターの計算能力が高かったり、消費できる電力が大きいほどマイニングの成功確率が上がります。逆に不正を行おうとしても世界中のコンピューターの処理能力や電気消費量を上回らなければならず、不正を行うインセンティブがそもそも少なくなる、というのが信用を裏付けています。

PoS(Proof of Stake プルーフ・オブ・ステーク)とは

直訳すると「保有による証明」となります。資産保有量が大きい者が通貨の信用を保証する、というものです。

PoWの場合、例えば電気を安価かつ大量に調達できる超大企業が現れたら、他の参加者の計算能力をどんどん上回っていき、ゆくゆくはブロックチェーンを支配してしまうことが想定できます。現にビットコインの採掘は中国を始めとする大規模なマイナーのシェアがどんどん大きくなってきています。

その懸念を解消するのがPoSです。
PoSの場合、マイニングの際にパラメータになるのはコンピューターの性能や電気代ではなく通貨の保有量や年数です。保有量が多かったり、保有年数が長いほどマイニングの成功確率が上がるように設計されています。こうすることにより、単に電気代をかけて計算するよりも不正を働くコストを上げ、信用を担保しています。

PoW・PoSに対応する通貨一覧

現状では、PoWを承認方式とする通貨の方が多くなっています。

PoWに対応する通貨

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ジーキャッシュ、マネロ、ファクトム、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインキャッシュ、モナコインなど

PoSに対応する通貨

イーサリアム(将来的にCasperと呼ばれるPoSアルゴリズムに移行する方針が発表されています。)、ファクトムなど

まとめ

いかがでしたか?
仮想通貨の信用の仕組みを知っておくことで、単なる値動きだけではない価値創造のロジックを知ることができます。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします