シェアする

ブロックチェーンを使いやすく!NULSの概要・特徴まとめ

シェアする

今回はNULSというプロジェクトについて、日本でのプロモーションを担当されている方にインタビューしてきました。
NULSは2017年にスタートしたプロジェクトであり、知名度や通貨としての時価総額などはイーサリアムなどに比べれば高くはありません。ただ、後発ならではの特徴があるようです。

プロジェクトについて教えてください。

一言で言うと、『活用しやすいオープンソースのブロックチェーンプラットフォーム』です。

どんな課題解決を目的にしたプロジェクトなんですか?

活用しやすい、というところの裏返しで、ブロックチェーンがもっとビジネスシーンで活用されることを目的としています。
仮想通貨が盛り上がって、ブロックチェーンにも当然注目が集まってきています。が、実際にはブロックチェーンの開発や成長の妨げになる課題がたくさんあります。
その中でも大きな課題の1つは人材の希少性です。ブロックチェーンに興味がある、というエンジニアは多くても、実際開発ができるエンジニアは非常に少ないです。人材が希少だと、需要と供給によって報酬(給与)は高くなり、開発費が高額になっていきます。
またその扱われる対象であるブロックチェーン自体が発展途上であることも大きな課題です。既存のブロックチェーンは機能に制限があり、クロスチェーンの情報交換は未だ模索中の状況です。企業や団体は、信用性の低いプライベートチェーンやコンソーシアムを使用しません。
こういう状況ではせっかくのブロックチェーンの理念や可能性が広がらないだろう、という課題意識からNULSは生まれました。

NULSの特徴を教えてください。

3つあります。

1.使いやすさ

シンプルなプログラミング環境を用意することで、経験があまりない開発者に配慮するとともに、経験豊かな開発者への拡張をも可能にすることが、最終的なゴールです。

2.カスタマイズのしやすさ

NULSのブロックチェーンの基本構造においては、 スマートコントラクト、モジュールやサブチェーンの拡張が可能です。各機能を「スマートコントラクト」「マルチチェーンシステム」「クロスチェーンコンセンサス」などカスタマイズ可能なモジュールに分離して、開発者がアプリケーション作成の際に利用しやすくしています。

3.ブロックチェーン自体の性能の高さ

イーサリアムでも何でも、プラットフォームの参加者が増えて、アプリケーションが生まれるほどトランザクションの課題が大きくなります。いくらDAppを作ったところで、処理が遅ければそもそも使い物にならないんですよね。NULSはここを解決するため、マルチチェーンシステムの並行拡張を使用しています。これにより、メインチェーンとサブチェーン間、合わせて一秒間で数百万件の取引が可能です。

運営チームの特徴を教えてください。

NULSのチームは中国を拠点としています。創業者のJason Zhangはリードエンジニアでもあるのですが、金融機関のセキュリティまわりの経験が長く、インターネット×金融の技術面、特にブロックチェーンの根幹であるアルゴリズム周りに精通しています。

今後の展開を教えてください。

大きなマイルストーンで言うと、メインネット開始、PC用ウォレット公開、モバイル用ウォレット公開、ブロックチェーンエクスプローラ公開、があります。このうち、メインネットのローンチを7月12日に行う予定です。

=====

まとめ

いかがでしたか?
ブロックチェーンアプリケーションのプラットフォームという観点では、イーサリアムやEOSがすでに有名ですが、これらとはまた違うアプローチで市場の拡大を狙う、野心的なプロジェクトという印象を受けました。
今後に期待です!

NULSの公式ウェブサイト

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします