シェアする

ライトコイン(Litecoin|LTC)について

シェアする

ライトコイン(Litecoin|LTC)

今回はライトコインというアルトコインについて取り上げます。元々はビットコインを金としたときの銀に当たる通貨、ということで開発されたものだそうです。

ライトコインとは?

・ライトコインは一般の人に「実際に使われる」という実用性に重きを置いているコインです。発行枚数の多さで値動きを抑える工夫がされていたり、取引の承認時間が早かったりとビットコインと比べ実用的と言えます。
・また、ビットコインに比べるとマイニングにかかる電力が抑えられているため、採掘コストも安いです。
・ライトコインを作ったのは中国人のチャーリー・リーという人なのですが、そのせいかライトコインは中国人に人気があり、取引高の75%以上が中国の3つの取引所だそうです。中国の人にとっては文字通りビットコイン並みの知名度があるのかもしれません。
・世界的に見るとまだアルトコインの一種という感じですが、これから中国のIT企業が世界に進出する流れの中で地位を築いていくかもしれません。

ライトコインの時価総額

455,357,254,452円(2017/9/2現在)

ライトコインの対日本円レート

8,633円(2017/9/2現在)

ライトコインを扱っている取引所

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin