シェアする

IOTA(アイオータ)について

シェアする

IOTAについて今回はIOTAというアルトコインについて取り上げます。ぱっと見何の通貨かわかりませんが、IoTに縁のある通貨です。

IOTA(アイオータ)とは?

IOTAは一言で言うと『IoTに最適化された仮想通貨』です。

IoTとは?

Internet of Thingsの略なのですが、要はパソコン等を介さず直接にインターネットとつながっているデバイスやその仕組みのことを指します。 例えばfitbitをご存知ですか?要はヘルスメーターなのですが、睡眠時間や運動量などのデータがインターネットを経由して収集され、健康の改善に役立てられています。

IOTAの特徴

大きく2点あります。

・決済手数料がかからない

ビットコインなど一般的な仮想通貨の場合、ブロックチェーンの仕様上送金には必ず手数料がかかります。IOTAの場合はこれがかかりません。(Tangleというアーキテクチャを採用してその辺を担保しているのですが、詳細は割愛します。)
決済手数料がかからないことで、IoTで発生しがちなより少額の支払い(マイクロペイメント)に適していると言われます。例えばセンサーからデータをあるコンピュータに送るたびに最小限の手数料を課金する、みたいなことがやりやすくなっています。

・情報を安全にやり取りできる

通常のインターネットを介した通信と比べ、デバイス同士で安全にデータをやり取りできるようになっています。そのデバイス同士で認証できるような暗号鍵を使うことで、外部から不正なデータが送信されたり、あるいは解読されたりしません。
fitbitもそうですが、IoTデバイスでやり取りされるものの多くはパーソナルデータと呼ばれるような、より個人に紐づくデータです。そのようなデータのやり取りの安全性が高まることで、よりデバイスの可能性を広げられるのです。

IOTA(アイオータ)の時価総額

162,897,887,168円(2017/10/4現在)

IOTA(アイオータ)の対日本円レート

58.61円(2017/10/4現在)

IOTA(アイオータ)を扱っている取引所

残念ながら日本の取引所ではIOTAの取扱がありません。Bittrexなど海外の取引所で購入できます。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします