シェアする

comsaで注目!ICOってなんだろう

シェアする

ICOを知ってますか?
最近ではビットコインや暗号通貨に馴染みのある人だけでなく、普通の新聞などでも取り上げられるようになってきました。今回はそのICOについて紹介します。

ICOとは?

Initial Coin Offeringの略語です。一言で言うと企業の資金調達の方法の一つです。

例えば、貯金が0円のある人(仮にAさんとします)がコーヒー屋をやりたい!と思い、必要な資金1,000万円を調達したいと考えたとします。
Aさんには貯金がないので、従来であれば銀行に行ってお金を借りるか、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家からお金を出してもらう必要がありました。
ICOだとこんなやり方ができます。Aさんは独自の仮想通貨『Aコイン』を発行し、インターネット上で売りに出します。その結果50万ビットコインが手に入りました。Aさんはそのビットコインをビットフライヤーやコインチェック、ザイフなどで換金して事業資金として使うことができます。
更にAコインが一定の基準を満たすと、ビットフライヤーやコインチェック、ザイフなどの取引所に上場することができるようになり、より多くの人に今あるプラットフォームを使って訴求・資金調達することができるようになります。

ICOのなにがすごいのか?

主に言われているのは以下のポイントです。

・資金調達のスピードの速さ
・資金調達の障壁の低さ

スピードの速さについて。普通、企業がベンチャーキャピタルなどからお金を集めるには、まず株価を交渉し、契約条件を交渉し、ベンチャーキャピタルの中で稟議を通してもらい、契約書を取り交わし・・・と非常に煩雑なステップが存在しています。ICOは良くも悪くも現状ではルールが未整備なので、そういった既存のプロセス、特に書面のプロセスにとらわれる必要がありません。
障壁の低さについて。当然ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の絶対数は限られていますが、ICOは基本的に低コストで誰でも参加できるので、より気軽に多くの人が新しいビジネスの立ち上げや拡大に参加するとともに、そのビジネスが成功すればメリットを享受できます。

日本初の本格的なICO、comsaの驚異的な実績

トップの画像は10/2より一般向けの売出しが始まった『comsa』の登録受付画面です。4,800万ドル相当なので、日本円にして50億以上のお金が半日そこらで集まってしまっています。

ここまでいい話が並びましたが、逆にリスクはないのでしょうか?

ICOのリスクとは?

お金を集める側、投資する側それぞれにリスクはありますが、現状だと株などのように明確なルールがないので、詐欺などもやろうと思えばできてしまいます。
実際そのような案件も多いことから、諸外国ではICO自体を禁止する国も出てきました。直近だと中国が「殆どが詐欺である」という理由でICOを禁止しています。

また、仮に詐欺的な案件が出てきたとしてもそういう案件を見分けられるようなデータベースやものの見方があると良いですが、歴史の浅さゆえまだそこまでは至っていません。

結局どうすればいいのか

企業にとってICOの仕組み自体はとても魅力的です。何よりアイディアはあるけど資金調達がうまくいかない、とか、資金調達に時間がかかりすぎている、というような企業にとっては有効な解決策の一つになりえます。
個人にとっても、ベンチャー投資と同じような何十倍ものリターンを複雑な手続きで得られる可能性があることは魅力的に映ります。
あとはルールや保護の観点で、もう少し決め事が増えてくるとより多くの人が安心して関われるような仕組みになるのではないでしょうか。