シェアする

2018年こそビットコイン・仮想通貨のマイニングのやり方に詳しくなろう

シェアする

今回はビットコインや仮想通貨のマイニングのやり方について紹介します。
よくビットコインの話題が出る際に『マイニング』というワードが出てきます。なんだか難しそうなワードですが、実はやり方によっては誰でも簡単に取り組めてしまいます。一体どんなやり方があるのでしょうか。

おさらい:マイニングとは?

以前もマイニングについてはハッシュレートやディフィカルティの概念とともに紹介しましたが、おさらいです。

ビットコインで発生する様々な送金トランザクション(誰かから誰かへの送金の流れ)は、ただ送金しただけでは成立しません。ブロックチェーンに照らし合わせてそのトランザクションが正しいことを承認する第三者がいて初めて取引が成り立ちます。
この承認する人のことをマイナーと呼びます。マイナーはトランザクションをまとめるブロックを生成してトランザクションを承認するのと引き換えに、報酬としてビットコインを手に入れます。この承認から報酬を得るまでの一連の行為をマイニングと呼びます。

マイニングは誰でもできるのか

報酬が得られる、となるとマイニングをやりたがる人は多く出てきそうですが、実際には(特に最近のビットコインでは)そんなに簡単に手出しできないようになっています。
『ブロックチェーンに照らし合わせてそのトランザクションが正しいことを承認』するためには、大量の計算を処理できる専用のコンピューターと、それを動かす大量の電力が必要です。直接やろうとするととても個人では太刀打ちできないものなのですが、それを広く一般に開放する手段としていくつかのマイニング手法が出てきているのです。

マイニングのやり方の種類

大きく分けると以下の3つがあります。

ソロマイニング

ソロとある通り、自分でコンピューターや電力を用意してマイニングを行う方法です。
通貨によりますが、特にビットコインやイーサリアムなど既に有名で取引者も多い通貨については、個人でソロマイニングに取り組むのはほぼ不可能と言って良いです。
上でも書いたとおり専用のコンピューターや大量の電力を確保するのには少なくとも数百万レベルのコストがかかることと、環境を用意したからと言ってコストが見合うようにマイニングを行えるとは限らないためです。
最近では中国の企業を中心に、下記の写真のように工場を立てるレベルでマイニングへの取り組みが行われています。個人じゃとても太刀打ち出来ないですよね。

プールマイニング

マイニングを1つのサーバー内で、複数のマイナーが協力して行う方法です。
マイニングに必要な計算を個人のコンピューターで行うのは前述の通り不可能に近いのですが、複数人のコンピューターの能力を結集して(高性能のコンピューターを用意できなくても)マイニングを効率的に行うことができます。マイニング行為自体はそのサーバーを通じて行いますが、接続されているコンピューターがどれだけそのマイニングに貢献したかによって報酬が配分されます。

一般的には何らかのソフトウェアをダウンロードの上、所定のサーバーに接続することによりマイニングを行います。有名なソフトとしてはMinergateなどがあり、日本でも一定の知名度があります。

クラウドマイニング

ソロマイニングやクラウドマイニングは個人のコンピューターが何らか作業をする必要がありますが、それすら一切必要ないマイニングがクラウドマイニングです。
クラウドマイニングは特定の業者が設備や環境は全て用意し、マイニング行為もその会社が行います。クラウドマイニングの参加者は業者にお金を払うことにより、それに応じて報酬を配分してもらいます。

設備投資がいらないというところで海外ではすでにポピュラーな手法になってきており、genesis miningやnicehash、hashflareなどの業者が有名です。

それぞれのメリット・デメリット

ソロマイニングやプールマイニングは大小の差こそあれ、何らかの設備投資や環境の整備、チューニングが必要です。専門的な知識があって時間もある人にとっては取り組みやすいですが、多くの個人の方でそこまで手出しできる人は稀かなと思います。

クラウドマイニングは設備投資がいらないので誰でもお金を払って気軽に参加できますが、報酬は一次的に特定の業者に集中するので、業者の信用リスクがキーになります。要はその業者が倒産すると報酬はもらえなくなります。
実際、上記のnicehashは倒産まではいかずとも、ハッキング被害により配分すべき数十億円分(一説には76億円相当とも言われています)のビットコインを失ってしまう、ということもありました。この辺のリスクを理解する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?単にビットコインを購入するだけでなく、マイニングの世界を知るとよりビットコインや仮想通貨の技術的な側面も知ることができ、個人的にはおすすめです。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします