シェアする

ビットコインの購入方法について

シェアする

ビットコインの購入方法

ビットコインとは?の記事でも簡単に触れましたが、ビットコインの購入方法について解説します。

買う、掘る、もらう

ビットコインを手に入れる方法は、厳密には購入だけではありません。大きく分けると以下のやり方があります

・取引所で購入する
・採掘する(マイニング)
・その他(ポイント交換など)

一番オーソドックスなのは取引所での購入です。大手と呼ばれる取引所が日本には10程度あります。代表的なところですとbitflyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)zaif(ザイフ)などが挙げられます。購入の際には振込などで日本円を取引所のアカウントに送金し、それを原資にビットコインや他の仮想通貨を購入します。

それ以外の手段は、難易度や普遍性の問題でなかなか初心者にとっては手を出しにくい手段になっています。

採掘、と書くとなんだかすごくかっこよく見えますが、要するに「君のコンピュータがクイズを解けたらビットコインあげるよはっはっは」というものです。採掘のことはマイニング、採掘をする人のことをマイナーと呼びます。最近では仮想通貨自体の規模が拡大してきて、マイニングの難易度が非常に上がってきています。何より高性能なコンピュータ(家庭用では到底太刀打ちできない)がないと勝負にならないため、一般人、特に初心者からは縁遠い手段になっています。

ポイント交換など他の手段もまだ一般的にはなっていないため、ここから大きくビットコインを増やすのは現実的ではありません。ただゆくゆくはTポイントや楽天スーパーポイント同様に、ビットコインや他仮想通貨が生活の中で普通に付与される時代が来るかもしれません。

販売所なら、クレジットカードでもビットコインが買える?

上で「日本円を送金し」と書きましたが、実はお金を送らなくてもクレジットカードでビットコインを買うことができます。大手各社はだいたい対応しています。

ネックは手数料です。
通常、ビットコインの購入には1-数%の手数料がかかります。クレジットカード決済の場合、ここにカード手数料が上乗せされて場合によっては10%近い手数料を取られてしまうケースもあります。

今(2017年8月)のように通貨自体のボラティリティが高く、入り口で手数料がかかってもすぐ回収できるなどであれば話はまた別かもしれませんが、できれば手数料は少ないほうがいいですよね。

定期購入みたいなものでなければ、基本は銀行から送金した原資を元手に買う、のがシンプルで一番良いと思います。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします