シェアする

ざっくり理解しよう!ハードフォークとビットコイン・仮想通貨への影響

シェアする

ハードフォークとは何か

今回はビットコイン界隈で最近ホットトピックになり、価格上昇の要因の一つにもなっている『ハードフォーク』について、その内容や、ビットコイン・仮想通貨にどんな影響があるのかを取り上げます。

ハードフォークってなんですか

本当にざっくり言うと、ビットコインや仮想通貨の分岐の仕方を指します。
と言っても意味不明だと思うので、実例を基に紹介します。

実録!ハードフォーク ~ビットコインとビットコインキャッシュ~

(ワイドショー風のタイトルにしましたが特に意味はありません。)

2017年8月1日、ビットコインからビットコインキャッシュが分裂して誕生しました。この際、ビットフライヤーなど一部取引所ではビットコインの残高分だけビットコインキャッシュが付与されるという事態が起こり、軽くお祭り騒ぎにもなりました。

この時に問題になっていたのは、ビットコインの「スケーラビリティ問題」の解決のための改善を巡る対立です。
そもそも昨今のビットコイン取引の拡大により、ビットコインのブロックチェーン(取引台帳)は容量不足にたびたび陥ることになっています。元来のビットコインの仕様では、ブロックチェーンの構成要素であるブロックの容量は1MBと決まっています。またブロックは10分に1回しか作成されないと決まっているので、取引の全体量が増えれば増えるほど処理が追いつかなくなり、例えば送金が遅れてしまう、あるいは送金を早めるために手数料を多く払うようになり実質的にコストが上がってしまう、といった不便がでてきます。

この拡大を考えた時に2つのアプローチが出てきて、対立が起こっていました。

アプローチ1:Segwitの実装

このアプローチは、今までのブロックチェーンの仕組みと互換性がある形で仕様を改善しよう、というものです。具体的には、

・ブロックの容量は変えない。
・その代わり、取引ごとのデータ量を実質的に減らす。具体的には取引データのうち、署名データを切り離して処理する。
・署名データが切り離された分だけ取引データは軽くなるので、データ容量とのアタリは緩和される

というものです。
要は取引のカウントの仕方を変えるだけの話なので、従来の取引データでも、新しい取引データでも同じように管理ができます。

アプローチ2:ブロックサイズの変更

一方で、Segwitのように取引データを圧縮したところで、ビットコインの取引量が成長すればどうせ同じ問題に当ってしまう、とも考えられます。これを根本的に解決する方法として考えられたのがブロックサイズの変更です。具体的にはブロックサイズを8MBにしよう、というアイディアでした。
ブロックサイズを変えてしまうと、ブロックの器ごと変わってしまうことから、従来の仕様とは互換性がなくなってしまいます。

上記のアプローチ1,2の『仕様改善に従来の仕様との互換性があるかないか』で、ブロックチェーンのあり方は大きく変わります。
まずどちらにしても仕様が変わった瞬間には、ブロックチェーンは新しい仕様に適応していないチェーンと適応しているチェーンに分岐します。この分岐をフォークと言います。
互換性がある仕様改善に基づいた分岐の場合は、分岐は一時的なものでしかなく何処かのタイミングで事実上勝手にチェーンは新しい仕様に統合されていきます。この互換性のある分岐をソフトフォークといいます。
一方互換性のない仕様改善に基づいた分岐の場合は、新しいチェーンでは古いチェーンは永続的に無効になるため、どちらかのチェーンを選ばなければ残高等が引き継がれなくなってしまいます。このような互換性のない分岐をハードフォークと言うのです。

8月の改善は結局アプローチ1で行われたため、それに反対する一部の開発者がハードフォークを起こし、別の仮想通貨として『ビットコインキャッシュ』を誕生させたのでした。

ハードフォークが起こるとビットコインや仮想通貨はどうなるのか

そもそも、ハードフォークと通貨の分裂は別の話です。
現にイーサリアムネムは過去にハードフォークを起こしていますが、それに参加者が賛同することによって実質何の影響もなく、通貨はより便利にアップグレードされました。なのでそういう場合は特に気をもむ必要はありません。

仮に通貨が分裂した場合には、色々な可能性が考えられます。

・全く新しい通貨が誕生するが、従来の通貨には何の影響もない場合(ビットコインとビットコインキャッシュ)
・全く新しい通貨が誕生し、従来の通貨の価値が分散する場合(10,000→3,000+7,000に分かれる、的な状態)

結局は分裂する通貨同士にどれだけの賛同者がいるか、によって異なります。ビットコインキャッシュの場合は賛同者が少なかったので実質新しい通貨が増えただけになりましたが、五分五分などになってしまえば価値が分散することもありえます。
またその分裂に対して取引所がどんな対応をするかも影響します。8月の際、ビットフライヤーはビットコイン残高と同量のビットコインキャッシュを全顧客に付与するとしてお祭り騒ぎになりましたが、全ての取引所が同じように対処したわけではありません。

ハードフォーク=ネガティブ ではない。基本的には前向きな話

以上つらつら書いてきて『ざっくり理解』とは程遠い内容になりましたが、重要なのはハードフォークは仕様の改善に伴う結果であり、(その方法が適切であれば)別にネガティブな話でも何でもない、ということです。そのハードフォークに対する賛同の状況によってややこしくなることがある、と言えるでしょう。
なので一時的な価格の上下はあるかもしれませんが、ハードフォークが起こるからその通貨は売ってしまおう、みたいな判断は適切ではありません。ハードフォークによって何がどう便利になるのか(送金が早くなる、手数料が安くなるetc)をきちんと知って、期待できない内容であれば対処を考える、くらいで良いのではと、個人的には思います。

今話題になっているハードフォーク

冒頭に書いたとおり、2017年11月にビットコインでの仕様改善に伴うハードフォークが想定されています。これについてはまた別の記事でまとめます。