シェアする

コイナーが予想!2018年ビットコイン・仮想通貨の3大トレンド

シェアする

年の瀬も押し迫った今回から3回にかけて、2018年に注目が集まるであろう仮想通貨やそのテーマを分野別に紹介します。第1回の今回は2017年のビットコイン・仮想通貨の振り返りと、2018年の仮想通貨のトレンド予想です。
2017年は世間の注目度、値動き、実社会での活用全てにおいてビットコインの一人勝ちでしたが…

2017年の振り返り

ビットコインや仮想通貨が『認識』された

2017年は、ビットコインや仮想通貨が通貨として『認識』された1年だったように思います。
2017年初には一部のアーリーアダプターにしか広まっていなかったビットコインが、年末にはその辺のおじさんおばさんでもビットコインの名前を口にするようになったことは非常に大きな変化でした。

日経新聞やBloombergなど大手メディアでも連日ビットコインの価格やその背景が報じられるようになりました。年末のM-1グランプリで優勝したお笑いコンビ、とろサーモンの久保田さんが「賞金の1,000万は仮想通貨に投資する」とコメントするなど、お茶の間での露出や認知度も急速に上がっています。

認知が上がったところで実際に取引する手段が乏しければ拡散しません。そういう点で、ビットフライヤーコインチェックのような取引所が果たした役割も非常に大きかったと言えます。
特に、両者ともアプリを通じて拡散したことが大きかったと思います。従来の銀行や証券会社が手を出しあぐねている領域に、(金融関係なく)圧倒的に使い勝手やUI/UXが良いアプリで進出したことで一気に地位を確立できた、のではないでしょうか。

ビットコインや仮想通貨の『実用』には至らなかった

他方、通貨本来の機能である『実用』という点ではまだまだ世の中には浸透せず、現状では値動きに一喜一憂するだけの投資商品に収まってしまっているとも言えます。
日本でもビックカメラや一部の飲食店でビットコイン支払いがスタートしていますが、おそらく各店舗の決済総額に対する割合で言うと10%もないかと思われます。特にビットコインは価格が上昇することで手数料が高騰し、より使いづらくなってしまっているところもあります。

新しいお金の流れ ~ICO~

仮想通貨全体で見ると、ICOという手段が認知されたことは、新しいお金の流れができたという点で大きかったと言えます。
法制度の中での位置づけなど曖昧な部分は残るものの、既存の(銀行や証券会社、ベンチャーキャピタルを経由した)企業の資金調達手段よりも低コストで、プロジェクト自体の知名度も高めることにもつながるところに大きな利点があります。

2018年注目のテーマ

使いやすい通貨

2018年はビットコインや仮想通貨の値動きだけでなく、決済など実社会での活用例が更に増えてくると思われます。そうなると、『どの通貨が一番使いやすいか』の競争が始まります。
使う、活用と言っても様々想像できますが、個人的には以下の2つの観点が重要と思います。

送金の速さ

実社会で仮想通貨が使われるためには、現金やクレジットカードと同等、ないしはそれ以上にスムーズに通貨のやり取りができなければいけません。ビットコインだと最大10分(最近ではそれ以上)かかってしまうところがどこまで縮められるによって、実用のハードルが下がります。

送金のコストの低さ

現金やクレジットカードと比べて、どれだけコストを下げられるか?も重要な観点です。例えば送金が速くても手数料が何万円もかかったら意味がありません。

匿名通貨

仮想通貨に実社会での活用が期待されるとともに、実社会で今できていないことの実現も期待されるのではないでしょうか。
例えば、完全な匿名取引は法定通貨では実現できませんが、仮想通貨ではマネロのように実現できる通貨があります。悪用のリスクもあるとはいえ、『今できないことができるようになる』という文脈で匿名通貨への注目が高まると思われます。

ICOの拡大とイーサリアム

2017年に引き続きICOの実例はどんどん拡大していくと思われます。すると、それを支えるプラットフォームの価値が上がっていきます。
現状ICOで世に出る通貨の殆どが、ERC20というイーサリアムの規格を採用しています。ICOが増えれば増えるほど、イーサリアムの重要性が上がっていくのではないでしょうか。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします