シェアする

最新版!コインチェックのアプリで日本円を入金する方法

シェアする

今回はコインチェックのiPhone/Androidアプリを使い、自分のアカウントに日本円を入金する方法について紹介します。
ビットフライヤーのアプリでの入金方法と同じように、振込やコンビニ入金など複数の方法を選ぶことができ、アプリで完結するので楽です。

おさらい:コインチェックへの入金方法

以下の4通りがあります。ビットフライヤーと比べ、海外からも入金ができるようになっているのが特徴です。
今回は特に利用頻度が高いと思われる『銀行振込』『コンビニ入金』について紹介します。

銀行振込
海外からの入金
コンビニ入金
クイック入金

コインチェックiPhone/Androidアプリを使って銀行振込で日本円を入金する方法

まずサイドメニューで『日本円の入金』をタップします。

コインチェックのアプリのサイドメニュー

するとデフォルトで銀行振込の入金画面になります。
(そもそも『日本円の入金』に、USドルの入金も一緒になってますね)

コインチェックのアプリの日本円入金の案内画面

下にスクロールすると、自分の入金先の銀行の情報が表示されます。
ビットフライヤーと異なり、自分の口座の登録や振込元口座の指定は特に必要ありません。

コインチェックのアプリのりそな銀行宛入金情報画面

りそな銀行と住信SBIネット銀行、2種類用意されています。

コインチェックのアプリの住信SBIネット銀行宛入金情報画面

上記の銀行に入金したい金額を振り込めば入金が自動的に反映されます。

ビットフライヤーiPhone/Androidアプリを使ってコンビニ決済で日本円を入金する方法

『日本円の入金』画面で『コンビニ入金』をタップします。

コインチェックのアプリのコンビニ入金案内画面

そのまま画面を下にスクロールすると、コンビニ入金に必要な情報の入力画面が現れます。

コインチェックのアプリのコンビニ入金用情報入力画面

情報を入力し、決済申請をタップすると、入金するコンビニの選択画面が出てくるので選択します。

コインチェックのアプリのコンビニ入金で使用するコンビニ選択画面

すると金額と、コンビニの端末に入力する受付番号が表示されます。
これをLoppiなどコンビニの端末に入力し、そのままレジで決済すれば入金完了です。

コインチェックのアプリのコンビニ入金用情報の表示画面

まとめ

細かい使い勝手は異なりますが、ビットフライヤー同様アプリで操作を完結できるのがうれしいですね。
ドル入金なども組み合わせると、運用の幅が広がりそうです。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします