シェアする

Zaif(ザイフ)のアカウントの作り方

シェアする

Zaif(ザイフ)のアカウントの作り方

今回は日本の3大ビットコイン取引所の1つであるZaif(ザイフ)のアカウントの作り方について取り上げます。

Zaif(ザイフ)のアカウント作成

Zaif(ザイフ)のアカウント作成画面

基本的なやり方はbitflyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)と一緒ですが、Zaif(ザイフ)ではソーシャルログインができません。メールアドレスで登録を進めていきます。
※後からgoogleアカウントを紐付けることはできます。

本人認証が必要な点などは他の取引所と同じです。

Zaif(ザイフ)の本人認証

ここも他社とさほど変わりません。以下のステップを踏めば完成です。主な違いは、他社は書留の受取で登録が完了するのに対し、Zaifでは書留に書いてあるコードの入力が必要な点です。

・本人情報の入力
・本人確認書類のアップロード(Zaif(ザイフ)の場合自撮りは不要で、本人確認書類をアップロードするのみです)
・電話番号認証(携帯の電話番号を入力するとSMSでコードが届くので、それを所定の画面に入力します。
・Zaif(ザイフ)から郵送される書留郵便の受取(ハガキで届きます)
・郵便に書いてあるコードをログイン後画面で入力

zaif(ザイフ)の本人認証ハガキ

このようなハガキが届きます。感謝 の文字のウエットな感じが他社にないインパクトです

Zaif(ザイフ)の本人認証番号入力画面

↑本人確認コードの入力画面

Zaif(ザイフ)の認証完了画面

コードの入力が完了するとこのような画面が出てきて、すべての取引ができるようになります。

認証に少し時間がかかる

筆者の場合、本人確認書類をアップしてから認証完了のメールが届くまでに2週間、はがきが届くまでで言うと3週間ほどかかりました。他社でははがきが届くまでで1週間程度だったのでだいぶ時間がかかったな、という印象です。

直近だとビットコイン人気の高まりに比例してアカウント申し込みも増えているかと思うので、混雑しているのかもしれません。