シェアする

DEX(分散型取引所)の概要、メリット・デメリットや一覧について

シェアする

今回はビットコイン・仮想通貨取引所の進化形として注目される『DEX(分散型取引所)』について紹介します。
コインチェックの事件が少し落ち着いてきましたが、取引所のGOXやそういう噂は後をたちません。そもそも取引所を誰かが運営しない、というのがDEXの真髄です。

DEX(分散型取引所)とは

名前の通り、分散された取引所です。

・・・と言っても意味不明ですが、要は運営主体を持たず、ブロックチェーン上に存在するビットコインや仮想通貨の取引所のことを言います。

ビットフライヤーコインチェックザイフなど著名な取引所には必ず管理者(運営会社)がいます。ユーザーは管理者に自分の仮想通貨を預けることにより取引をしています。

それに対しDEX(分散型取引所)には管理者がいません。代わりに、各自の資産がブロックチェーン上に保存されることになります。その上で、自分の仮想通貨の管理は自分で行うことになります。

概念としてはP2P(ピアツーピア)に近いと言えます。

従来の仮想通貨取引所とDEX(分散型取引所)の比較 -コインチェック事件から考える-

DEX(分散型取引所)はハッキングに強いが、全て自己管理

Coincheckサービスにおける一部機能の停止について | コインチェック株式会社
Coincheckサービスにおける一部機能の停止について

従来の仮想通貨取引所は、管理者が常にハッキングリスクと格闘しながらの運営を強いられます。
過去のMt.GOX事件、コインチェック事件、海外だとNiceHashの事件などが記憶に新しいですが、何千億というお金が動くこと、全てが電子的に管理されているからこそハッカーにとっては格好の標的になるわけです。

DEX(分散型取引所)の場合、管理者がいないこと、全ての資産はブロックチェーンに紐付けられて管理されていることなどから、一般的には従来の(管理者のいる)仮想通貨取引所に比べハッキングリスクは小さいと言われています。

DEX(分散型取引所)は管理者を気にする必要がない

コインチェック株式会社、マネックスグループ株式会社の完全子会社化及び新経営体制のご報告 | コインチェック株式会社
コインチェック株式会社、マネックスグループ株式会社の完全子会社化及び新経営体制のご報告

コインチェック事件は運営会社の経営責任が問われ、最終的にはマネックスグループによって買収される結末となりましたが、「この会社はどうなるのだろう」とヤキモキした投資家も一定数いるのではないでしょうか。

DEX(分散型取引所)の場合、管理者がいないので当然誰かの経営状態などを気にする必要はありません。

DEX(分散型取引所)にはKYCがない

管理者がいない以上、審査をする主体がいないのでDEX(分散型取引所)にはKYCのプロセスは基本的にありません。誰でもどこの国からでもアカウントを作り、取引ができます。

DEX(分散型取引所)のデメリット

DEX(分散型取引所)もメリットばかりではありません。
例えば管理者がないからこそ、秘密鍵などの管理は自己責任でやる必要があります。一定のリテラシーが必要になるため、従来の仮想通貨取引所に比べ敷居が高く、ユーザーを選んでしまう傾向にはあります。

またそれ以外にも、相対的に取引手数料が高いこと、従来の仮想通貨取引所に比べ規模や取引の活発さでは劣ることなどがデメリットと言われています。

代表的なDEX(分散型取引所)5選

既に立ち上がっているDEX(分散型取引所)から代表的なものを5つ紹介します。

EtherDelta

EtherDeltaのロゴ

EtherDeltaはその名の通り、イーサリアムをベースとしたDEX(分散型取引所)です。
イーサリアム上で動作しているので基軸通貨はイーサリアムになりますが、それだけでなくERC20ベースのトークンは全て取引できます。

Openledger

OpenledgerはDEX(分散型取引所)の中では比較的古参の取引所です。
Bitsharesというブロックチェーン上で、USDやビットコインに連動した(価格がPegされた)コインを取引できます。

Waves Client

Waves Clientは以前も紹介したWavesをベースとするDEX(分散型取引所)です。
Wavesを基軸通貨にしてビットコインやイーサリアム、さらには法定通貨(米ドルなど)の取引ができるのが特徴です。
単なる取引にとどまらず、独自のトークンを簡単に作成もできます。

Stellarport

Stellarportは以前紹介したStellarをベースにしたDEX(分散型取引所)です。
2018年にできたばかりですが、使いやすいUIが特徴です。

Kybernetwork

Kybernetworkは、イーサリアムの創設者であるVitalik Buterin氏がアドバイザーになっていることでも有名なDEX(分散型取引所)です。
取引所としての機能に加え決済APIの機能を付加しており、様々な通貨でICOに参加する、等がやりやすいのが特徴です。

まとめ

いかがでしたか?

自己管理が必要というのはあるものの、ユーザーにとってはより安心に取引できる選択肢が増えてきていると言えそうです。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします