シェアする

今さら聞けない!アルトコインとは

シェアする

アルトコインとは

ここまでビットコインについて書いてきましたが、暗号通貨はビットコインだけじゃないんです!今回はアルトコインとは何か?について取り上げます。

アルトコインとは?

アルトコインとはAlternative Coinの略で、一般にはビットコイン以外の暗号通貨の総称です。

一説には700種類以上もあると言われる仮想通貨(暗号通貨)。新しいものが生まれる一方で消えていくものも一定数あります。1:699で名称がわけられるのはなんだか不釣り合いな気もしますが、大体のアルトコインはビットコインの技術をベースにしていること、ビットコインの時価総額が飛び抜けているのでそういう感じになっているのでしょう。

どんなコインがあるの?

ビットコイン同様通貨としての機能を持ったコインと、通貨以外の機能を持ったコインがあります。

通貨以外、というとなんだかよくわかりませんが、具体的には以下の様なものがあります。

分散型クラウドコンピューティング
分散型記録・登記プラットフォーム
未公開株式取引システム
分散型株式市場
スマートコントラクト・証券取引プラットフォーム
分散型国家
分散型予測市場
分散型インターネット
分散型クラウドストレージ
分散型SNS
分散型メッセンジャーアプリ

(つд⊂)ゴシゴシ。。

分散型国家とかもはや厨二病の域ですが、全て実際にプロジェクトとして運営され何億ドルもの資金を集めているのです。

、、、よくわからん。。。

細かく書き始めるとキリがないのですが、細かい概念は置いといて主なアルトコインの特徴や値動きについて、次回以降書いていきます。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします