シェアする

イーサリアムやリップルの急騰!仮想通貨時価総額ランキング(2017/12/18)

シェアする

ランキング

2017年12月17日のビットコイン・仮想通貨の時価総額ランキングです。
昨日も触れたように、先週はビットコインだけでなくアルトコインも含め全体的に大きく値上がりが見られた1週間でした。今回はその中からビットコインイーサリアムリップルライトコインの値上がりと背景についてまとめています。

ビットコイン・仮想通貨時価総額ランキング(2017年12月17日現在)

ビットコイン・仮想通貨の時価総額ランキングトップ10
リアルタイムのビットコイン・仮想通貨時価総額ランキングはこちら

第1位 ビットコイン
第2位 イーサリアム
第3位 ビットコインキャッシュ
第4位 リップル
第5位 ライトコイン
第6位 Cardano
第7位 アイオータ
第8位 ダッシュ
第9位 ネム
第10位 マネロ

通貨別!今週のトピック

ビットコインの続伸 ~200万円台を安定して超過

ビットコインが先週に引き続き値を上げ、安定して200万円台を超えるようになってきました。

ビットコインの1週間チャート

先日の記事でも触れたとおり、これから機関投資家の取引拡大が見込めそうなので価格はもう少し伸びていくのでは、と個人的には思います。

イーサリアムの急騰 ~UBS、トムソン・ロイターのプラットフォームに採用

今週大きかったのがイーサリアムの値上がりです。

イーサリアムの1週間チャート

先週末が40,000円台だったところから実に1.6倍もの価格になっています。

背景には、UBSやバークレイズ、トムソン・ロイター等大手金融機関や関連情報企業が名を連ねるブロックチェーンのプラットフォームにイーサリアムが採用される、というニュースが発表されたことがあるようです(リリース等が出たものではなく、あくまでニュースで報じられただけのようですが)。

リップルの急騰 ~内外為替一元化コンソーシアムの実証実験開始

リップルは週の中盤から大きく値を上げ、時価総額は実に3倍にもなりました。

リップルの1週間チャート

背景には、SBIの子会社が提唱している『内外為替一元化コンソーシアム』という、リップルを活用した送金プラットフォームの実証実験が開始されるというリリースがあったと思われます。
このコンソーシアムにはメガバンクをはじめとする日本の大手銀行が61行参加していて、今回の実証実験にも37行が参加、その中には三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の名前もあります。

ライトコインの急騰 ~ビットコインに連動した値上がり

ライトコインも大きく値を上げ、時価総額は2倍にもなりました。

ライトコインの1週間チャート

以前も触れたように『金と銀』と称されるビットコインとの連想買いなどが背景と言われています。

シェアする

フォローする

投げ銭

記事をいいねと思ったら投げ銭をお願いします