シェアする

機関投資家×ビットコインで相場に変動?仮想通貨取引所ランキング(2017/11/18)

シェアする

ランキング

2017年11月18日現在の、最新の仮想通貨取引所の取引量ランキングを紹介します。
先週末はビットコインキャッシュの暴騰が注目を集めましたが、直近はどのようになっているのでしょうか。

ビットコイン・仮想通貨取引所ランキング(2017/11/18現在の24時間取引量、coinmarketcap.com調べ)

第1位 Bithumb(韓国) 2,840.9億円(-)

第2位 BitMEX(香港) 1,927.4億円(↑1)

第3位 Bitfinex(香港) 1,843.9億円(↓1)

第4位 Coincheck(日本) 892.0億円(↑1)

第5位 Bittrex(アメリカ) 884.4億円(↓1)

第6位 Coinone(韓国) 606.6億円(↑1)

第7位 Poloniex(アメリカ) 505.6億円(↓1)

第8位 Quoine(日本) 471.1億円(圏外)

第9位 HitBTC(イギリス) 417.9億円(-)

第10位 Binance(中国) 406.6億円(圏外)

今週のトピック

ビットコインキャッシュと韓国ウォン

先週末ビットコインキャッシュの価格は一時30万円台にまで行きましたが、その後一旦8万円台まで下がり、現状は15万円前後にて取引されています。

国別に見ると、先週から引き続き、韓国からの取引(ウォンからの資金流入)が取引金額の半分強を占めていることがわかります。

今週はビットコインキャッシュに買いが集まるような大きな動きやニュースはありませんでしたが、引き続き『次のビットコイン』として注目を集めているものと考えられます。

ビットコインと米ドル

一方で今週はビットコインの価格や取引にも動きが見られました。先週末には一時60万円台まで下落していましたが、今週末にかけて初めて90万円台を記録するなど再び盛り上がりを見せています。

通貨別に見ると、米ドルからの流入がかなり大きくなっていることがわかります。

今週はビットコインを巡る機関投資家の動きが相次ぎました。

すでにCMEがビットコイン先物取引を開始するニュースは出ていましたが、今週になって「12月の2週目までに開始する」という具体的な日付が発表されたこと、それを受けてMan Group(ヘッジファンド最大手)がビットコインへの投資を示唆したことなどが価格に影響していると思われます。
日本でもマネックス証券がビットコイン先物の取扱を表明しています。

これまで既存のファンドや機関投資家とビットコインとの結びつきはあまり強くなかったのですが、今後そのような資金が流入することで、ビットコインの市場にさらなる影響が出ると思われます。